正しい食事で骨と筋肉の健康を守ろう

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

正しい食事で骨と筋肉の健康を守ろう

健康について

2018/07/05 正しい食事で骨と筋肉の健康を守ろう

骨や筋肉は、材料となる栄養素が4不足すると衰えて弱くなってしまいます。毎日の食事からタンパク質やカルシウムなど骨や筋肉に必要な栄養素をしっかり取りましょう。

・ポイント1   良質のタンパク質とカルシウムをしっかり取る
 良質のタンパク質とカルシウムを十分に取ることが、骨と筋肉を維持するためには欠かせません。肉や魚などの動物性タンパク質と、納豆や豆腐などの植物性タンパク質を上手に組み合わせて食べましょう。肉は脂肪やコレストロールの少ない赤身がおすすめです。運動後30分以内にタンパク質を取ると、筋肉になりやすくなります。また、日本人に不足がちなカルシウムは、1日に600~800mg取ることがすすめられます。
 <タンパク質を多く含む食品>
 豚のひれ肉、鶏むね肉、ささ身、まぐろ、カツオ、卵、豆腐、納豆など
 <カルシウムを多く含む食品>
 牛乳、チーズ、ヨーグルト、小魚、緑黄色野菜、海藻類、大豆製品など

・ポイント2   ビタミンB6でタンパク質の合成を助けましょう
 ビタミンB6には、タンパク質の分解や合成を促進する働きがあります。タンパク質と一緒に取ることで、強い骨と筋肉をつくることができます。
 <ビタミンB6を多く含む食品>
 マグロ、カツオ、赤ピーマン、キウイ、バナナなど

・ポイント3   ビタミンDとビタミンKでカルシウムの吸収を助けましょう
 ビタミンDには腸でカルシウムの吸収を高める働きがあり、ビタミンKには骨のタンパク質を活性化し、骨の形成を促す作用があります。不足しないように食事から十分に取るようにしましょう。
  <ビタミンDを多く含む食品>
  鮭、きのこ類など
  <ビタミンKを多く含む食品>
  納豆、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草など
 
しあわせカイロプラクティック院
電話番号 011-616-7726
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP