五感は脳科学で生まれる

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

五感は脳科学で生まれる

健康について

2018/08/10 五感は脳科学で生まれる

五感を感じ取るためには、脳との複雑なしくみを持ちます。五感の科学は、脳の科学です。大脳の表面部には、さまざまな神経細胞が集まる「大脳皮質」が存在します。この大脳皮質が五感のうち、視覚、聴覚、味覚、触覚を司っています。嗅覚は、大脳皮質のさらに内側に存在する「大脳辺縁系(ダイノウヘンエンケイ)」が司っています。ここは、快・不快や食欲など人間の本能に関係する部分です。
大脳皮質は前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉という4つの部位に分けられており、その中の一部に感覚を受け取る領域があります。視覚は後頭葉の後方端、聴覚は側頭葉の両側上部、触覚は頭頂葉の前方広範囲(体性感覚野と呼ばれる部分)、味覚は頭頂葉の前方下部の奥で受け取ります。
五感は、それぞれ目、耳、鼻、舌、皮膚が受け取る感覚です。そして、刺激を受け取る場所(器官)のことを「感覚器官」といいます。感覚器官には、刺激に反応する特別な細胞や組織があり、刺激に応じて電気信号を発します。発生した信号は、全身に張り巡らされている神経を伝わって脳の担当領域に届き、情報処理され「明るい」「冷たい」などという外界の様子を知ることができています。
つまり、感覚とは、感覚器官と神経、脳が連携して初めて生み出されているのです。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 011-616-7726
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP