天気と食中毒の関係 №3-完

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

天気と食中毒の関係 №3-完

健康について

2019/11/02 天気と食中毒の関係 №3-完

 秋は、紅葉狩りとともにキノコ狩りの季節でもあります。夏の気温が高く、その後の適度な降雨と朝晩の気温の低下によって、キノコは生育しやすくなります。山には、食用キノコのみならず、有毒なキノコも発生していることから、毎年キノコによる食中毒が多発しています。毒キノコには、食用キノコに類似した形状のものも多くありますので、種類が特定できないものは素人判断で採取するのは危険です。
 秋から冬にかけての海の旬の食材には、牡蠣以外にもフグがあります。テトロドトキシン戸やバレル神経毒がフグに含まれているため、食べられる種類や部位は決められています。フグによる食中毒の多くは、自分で釣ったフグを調理して食べることで発生しています。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP