冬の不調の原因(乾いた空気が皮膚や粘膜を損傷)

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

冬の不調の原因(乾いた空気が皮膚や粘膜を損傷)

健康について

2019/11/09 冬の不調の原因(乾いた空気が皮膚や粘膜を損傷)

 太平洋側に吹く乾燥した空気は、肌やのど・鼻の粘膜にとって厳しい環境をつくり出します。乾燥した冷たい空気は、肌や粘膜の水分を奪い、肌のバリア機能が低下するため、肌荒れやかゆみ、ひび割れ、ウイルスや細菌性疾患の原因につながります。
 ウイルスや細菌の飛散量は低温で乾燥している環境で増加します。反対に、湿度の高い環境ではすごく地面に落下してしまいます。このことから、乾燥している状態が続くことにより、ウイルスや細菌の空気中での滞在時間が長くなるため、人が息を吸い込む際に鼻やのどからウイルスや細菌が侵入しやすくなります。
 通常、口から気管支に入ったウイルスや細菌は痰や咳とともに外に排出されますが、気管支が乾燥して炎症を起こすとウイルスや細菌を排出する機能が低下し、風邪やインフルエンザ、肺炎を引き起こす原因になります。肺炎を誘発する細菌やウイルスは、気温と湿度が低下すると活発になるため、日本の冬は絶好の環境といえます。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP