インフルエンザと風邪の違い

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

インフルエンザと風邪の違い

健康について

2019/11/13 インフルエンザと風邪の違い

 インフルエンザと風邪はどちらも年間を通して発症し、症状も類似していますが、これらは感染症を引き起こすウイルスの違いによって症状や治療法が異なります。インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症であるのに対し、風邪はコロナウイルスやライノウイルスなどのさまざまなウイルスによっておこる上気道炎の総称です。
 インフルエンザは、1年間を通して発症しますが、12月~2月にかけて最も多くなるのが特徴です。また、郊外よりも空気が乾燥し、人口の多い都市部の方が感染の機会が多いとされています。集団で生活する学校や老人ホーム・保育園などでは短期間で感染が拡大します。
 インフルエンザは「季節性インフルエンザ」と「新型インフルエンザ」に分かれ、原因であるインフルエンザウイルスは、A型・B型・C型に分かれます。
A型は人や豚、鳥などの動物に感染しますが、B型・C型は人のみに感染します。
 季節性インフルエンザは冬を中心に毎年流行するため、多くの人が免疫を持っています。風邪のような症状を発症し、比較的早く回復しますが、免疫のない子どもや何らかの疾患を持っている場合は、症状の重症化にともない合併症を引き起こすことがあるので注意が必要です。
 新型インフルエンザは、鳥インフルエンザなどの新しく発生したインフルエンザで、ほとんどの人が免疫をもっていないため世界的な大流行を起こす危険性があります。症状は季節性インフルエンザと似ていますが、消化器系の症状を発症することが多いといわれています。
 風邪は、1年を通してみられ、発症後の経過も緩やかであり、咳や発熱、鼻づまりなどの症状がみられます。インフルエンザと違って、高熱にはならず、関節痛や筋肉痛などの全身症状があまりみられないことも特徴です。
 インフルエンザも風邪も主な感染経路は、飛沫感染・接触感染・空気感染です。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP