夏の不調の原因(室内外の温度差が激しい)

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

夏の不調の原因(室内外の温度差が激しい)

健康について

2020/06/09 夏の不調の原因(室内外の温度差が激しい)

 夏は、気温、湿度ともに高く、蒸し暑くなることから、体力消耗や睡眠不足、食欲減退、冷たいものの取りすぎによる胃腸機能低下などを引き起こします。暑い外から室内に入ると、体は冷房の効いた部屋で冷やされますが、暑いからといって、普段から冷房による快適な環境に慣れてしまうと、少しの暑さで冷房を使うようになり、体が本来持っている体温調整機能を低下させてしまいます。長時間冷房の効いた部屋にいた後、高い外気温にさらされることを繰り返すと、室内外の温度差で自律神経のバランスを乱れてしまい、冷房病により体調を崩しやすくなります。一般的に、5℃以上の温度差に適応しようとすると、体温調整機能がうまく働かなくなり、自律神経の機能を乱すといわれています。近年では暑さが厳しくなり猛暑日(最高気温が35℃以上の日)が続きやすいため、温度差が5℃以上になってしまう日も増えてしますことが多くあります。冷房による体の冷えは、血流不足による手足や腸の冷えから胃腸障害や生理不順、頭痛、腰痛などの症状を引き起こします。さらに、汗をかいたり、血管を広げることで体内の熱を放出して体温を調整している機能も低下してしまいます。その結果、汗をかきにくく、熱がこもりやすくなるため熱中症を引き起こすことにもつながります。
 特に、高血圧症、糖尿病、心臓疾患などの既往症のある方は、激しい気温差により血圧が急激に変動しやすく、脳卒中や心臓発作などの危険性があるので注意が必要です。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP