脳梗塞の注意!

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

脳梗塞の注意!

健康について

2020/06/21 脳梗塞の注意!

 気温が高いと汗で水分がどんどん失われますが、汗をかいている実感がなくても体から水分が奪われています。のどの渇きは、脳の中枢が体内の水分量が少ないことを感知して働きますが、そのときに既に体は水分不足になっています。体内の水分は2%失われると強いのどの渇きを感じます。さらに脱水が進み、水分損失率が8%になると呼吸困難やめまい、10%で失神、20%を超えると生命の危険に及んでしまいます。
 体は多くの水で満たされていますが、不足したときの水を蓄えておく機能がありません。そのため、のどが乾いてから水分を補給しても水分が必要な部位に届くまでには時間がかかってしまいます。つまり、のどが渇く前の水分補給が必要になりますが、高齢者は加齢により、のどが渇いたという感覚が鈍くなっていて、脱水状態に陥っていることにも気付かなくなってしまいがちです。
 さらに、アルコールの摂取も脱水に影響を及ぼします。夏はとりわけ冷たいビールが美味しく感じる季節でもありますが、アルコールとホップという利尿作用が高い成分を含むビールを飲むと、飲酒量以上の水分を排せつしてしまいます。
 脳梗塞は、脱水症状が引き金となって発症するため、「汗をかいていなくても水分を補給する」「のどが渇いていなくても水分を補給する」「ビールを飲んだ後は水分を補給する」といったことを常に心がけましょう。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP