食材の有効成分で自律神経を整える!

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

食材の有効成分で自律神経を整える!

健康について

2020/08/22 食材の有効成分で自律神経を整える!

 自立神経の状態と健康状態はリンクします。健康のために良い食事は、自律神経を整える効果もあります。
 まず、野菜は積極的に食べること。赤、緑、黄、白、紫といった彩りのバランスを取ると、おおむねまんべんなく野菜の有効成分を摂ることができます。日本旅館のような朝食も、バランスが良いのでオススメです。
 体内で活性酸素が過剰に発生すると様々な疾病を引き起こすので、抗酸化食品を摂ることも大切です。緑黄色野菜(1日の野菜摂取量の目安は350g,あまり神経質になりすぎず、彩りが豊かになるように料理をつくるのがポイント)、ナッツ類(アーモンド、くるみ、カシューナッツなど、食塩を使用していない、素焼きのナッツを適量に食べるのがオススメ)、赤ワイン、オリーブオイル(オリーブオイルには数種類の抗酸化物質が含まれている、えごま油、アマニ油も自律神経を整える効果がある)など、抗酸化物質を含む食品は数多くありますが、自律神経に特に効果的な1品として、トマトをオススメします。抗酸化作用の高いリコピンを多く含むうえ、リラックス効果があるGABAを含むのもポイント。
 食事については、肥満を予防することも大切です。肥満は生活習慣病の原因となるばかりでなく、自律神経にも負担をかけます。カロリーの過剰摂取は避けましょう。たとえば、バターをたっぷり塗った食パンは、朝食には向きません。
 お酒を飲む人はビタミンB1の摂取をこころがけましょう。アルコールが有毒なアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドが無毒な酢酸に分解される過程で、ビタミンB1が消費されるからです。ビタミンB1は豚肉や大豆などに多く含まれますが、加熱時間が長いと消失するのでご注意。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP