脳が休まらなければ、疲れが残った状態で朝を迎える!

しあわせカイロプラクティック院

080-1886‐5990

〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25

(平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00

lv

脳が休まらなければ、疲れが残った状態で朝を迎える!

健康について

2020/10/10 脳が休まらなければ、疲れが残った状態で朝を迎える!

 疲れの原因は、自律神経の消耗が9割です。それほど肉体を酷使していないのに、ひどく疲れるということがありますが、それは交感神経と副交感神経が働き続け、消耗しているからです。
 疲れているなら、当然、休息が求められます。わけても、自律神経の司令塔である脳を休ませることが大切です。
 脳が休むためには、十分な睡眠が欠かせません。休むといっても、脳が完全に働いていないわけではなく、脳が睡眠中に、日中の出来事や学習したことなどを整理し、記憶として定着させる作業をします。コンピュータの最適化を思わせる作業であり、記憶を定着させた脳はリフレッシュした状態で朝を迎えるのです。
 加えて注目したいのは、睡眠中に行われる「脳のデトックス」です。眠っているマウスの脳を観察すると、「脳の洗浄液」である脳脊髄液が、起きているときよりも多く取り込まれます。
 脳脊髄液が荒い流すのは、「アミロイドβタンパク質」と呼ばれる脳の疲労物質。アルツハイマー型認知症患者の脳に溜まる物質なので、溜まる前に洗い流すことが重要なのです。
 睡眠の大切さを再認識して、必要な睡眠時間を確保し、脳を休めるようにしてください。

しあわせカイロプラクティック院
電話番号 080-1886-5990
住所 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手二条3丁目5-25
営業時間 (平日)9:30~21:00 (土)9:30~18:00 (日・祝)9:30~17:00
定休日 不定休

TOP